HOME >> 

Typhoon damage on a shallow mesophotic reef in Okinawa, Japan


恩納村の沖で発見されたサンゴ礁(RYUGU)について琉球大学で継続的な調査を行っています。これは自分が関わった論文の2本目です。去年大きな被害を出した台風よる深いエリアのサンゴのダメージを調査しました。論文ができていく過程は大変なものでしたが、クリスをはじめたくさんのメンバーの力で完成しました。とても勉強になりました。皆さんありがとうございました。Thanks for All ! 下記リンクより無料でダウンロードできます。 https://peerj.com/articles/151/ fig-1-1x

竜宮の海


越智隆治による恩納村の取材
去年、越智さんが取材した”竜宮の海”の記事が公開されました。 http://oceana.ne.jp/webmagazine/201306_onna 美しい写真とドラマティックな文章が越智さんらしい内容になっています。 ... 今回の記事に1年かかったのには、訳があります。 この取材の直後の台風で、浅いエリアのサンゴはもちろん、深いエリアの素晴らしいサンゴの群落も大きな被害を受けてしまったのです。 琉球大学では、台風の前とその後に調査を行い、その被害についての研究論文を発表しました。 そして今は台風の破壊からの回復を調査しています。 深い場所に息づくサンゴは本当に貴重なものだと思います。 興味本位で遊びに行くダイバーが壊してしまわないよう、今は傷ついたサンゴの回復を見守っていくことが大切だと考えています。 新聞や記事で発表するのは、海にまだ大切な宝があることを、世の中に知ってもらい、開発などによる破壊をさせないためです。 大学での調査は今後も継続して見守って行く予定です。 リュウモンサンゴ属のサンゴである名前にかけて、研究者の中でこのポイントを竜宮と呼んでいます。荒廃したがれ場の向こうに突然現れるサンゴ群落はほんとうに竜宮城を思わせます。 沖縄の海の深いところに今もある本当の竜宮城。楽しんで読んでください。 そしてサンゴのこと海のこと考えてみてください。 今年もサンゴの白化がおこると言われています。海のために皆さん一人一人ができることがたくさんあるはずです。

琉球放送で紹介されました


ポイント竜宮が琉球放送で紹介されました。 番組は「南の島のミスワリン」恩納村でサンゴの植樹やビーチクリーンを頑張るワリンちゃんこと「砂川英依ちゃん」の番組で、恩納村で見つかったリュウモンサンゴの大群落を見に行くという内容です。 見渡す限りのサンゴを見て、自分の植えている場所もこんなふうになったら・・と夢見るワリンちゃんが印象的です。 大原も一言「海が健康ならサンゴはどんどん増えてくる」 問題はそこなんです。サンゴを植えたり、オニヒトデを取ることが大事なのではなくて、生活排水、ゴミ、赤土、温暖化、普段暮らしている人達の気持ちや考え方で、海は健康に美しくなるはずです。 日々の生活での心がけが大切です。みんなで頑張りましょう! warin 番組の動画はこちらから見られますよ。

恩納村サンゴの苗作り体験


恩納村ダイビング協同組合の企画です。 地域の子供たちにサンゴの苗を作ってもらう。 という企画を3月3日(日)に恩納村コミュニティセンターで予定しています。 子供たちにはサンゴという生き物や海に関心を持ってもらうために、サンゴの苗の基盤に「海へのメッセージ」を書いてもらいます。 できたサンゴの苗は恩納村ダイビング協同組合で植えます。 サンゴの植樹はそれによって海洋環境が改善するというよりは、このような啓蒙活動に意味があると思います。 地域の子供が海を好きになって、海を大切にする大人になってくれたら何よりです。 合わせて、海の危険生物の展示と説明も行います。 浅いビーチにもいろいろな危険が潜んでいることは、意外とみんな知らないので、子供も大人も海で怪我などしないように勉強してもらいたいと思います。 お近くにいらっしゃいましたら大人も大歓迎です。どうぞご参加ください。 3月3日(日曜日) 10:00から12:00 14:00から16:00 場所 恩納村コミュニティセンター 参加費 無料 2.10nae

沖縄本島において発見された日本初記録種のサンゴ大群落


恩納村で発見したサンゴが学術誌Marine Biodiversityに掲載されました。 First record of a mesophotic Pachyseris foliosa reef from Japan http://link.springer.com/article/10.1007/s12526-012-0137-0 … #springerlink 詳細 沖縄本島恩納村において、地元のダイバーによって大規模サンゴ群落が発見された。琉球大学のJames Davis Reimer特命准教授や地元ダイバーからなる研究チームによって、当群落の規模および構成する種 類に関する調査が行われた。その結果、30m以深にて大規模な群落を構成していたリュウモンサンゴ属 の1種(学名:Pachyseris foliosa)は本邦未記録種である事が明らかとなった。著者らは、本種にオンナ リュウモンサンゴという和名を提唱し、便宜的に使用している。本研究によって沖縄島での分布が確 認された事で、本種の生息域北限を更新したことになる。

ベントスダイバーズで行く海外旅行


11月から、3月にかけて毎年いろいろな所へご案内しています。 基本はお客様の行きたいところへご案内するスタイルです。 行き先の決め方は、最初に誰かがどこかへ行きたいとリクエストがあった場合に、その場所へはどうやっていくらくらいで行けるのかなどを、こちらで調べてお見積りなど出しまして、それから参加者を募集します。あまり大人数では行けないので、1回に4人から8人くらいで開催しています。 その為に、発表と同時に募集締切になることもありますが、ご了承ください。 ベントスダイバーズで行くメリットとしては、言葉の問題や乗り継ぎの問題をお手伝いしたり、ダイビングの安全をお手伝いできます。海外渡航経験の豊富な大原が、ボディガードも水中ボディガードもかねてご案内します。(笑) また、一緒にツアーに行くメンバーと仲良くなってダイビングライフの輪も広がりますよ。 下記は最近予定のツアーです。

モルディブクルーズ

2013年1月26日(土)から2月2日(土)8日間 スリランカ航空利用 イクエーター号 15ダイブ付 南北マーレ・アリ環礁 基本ツアー料金 258,000 円 (燃油税(価格は変動する場合がございます)空港税別途)若干名空きがございます。2012年10月現在

メキシコ セノーテ&コスメル

メキシコの美しいセノーテと海のダイビングを合わせたビックツアー。 周辺のピラミッドなどの遺跡も楽しめます。 日程は2012年の12月1日から10日。 無事、ツアーは終了しました。ありがとうございます。 2012年はモルディブ、フィリピン、メキシコでした。皆様のリクエストをお待ちしています。

モルディブクルーズ行ってきました。


2012年1月7日から1月14日のモルディブクルーズは7名のゲストさんと行ってまいりました。大物が次々と現れる海はさすがモルディブ。1日3本を5日間ナイトロックスで安全に快適に楽しめました。ゲストの皆様ありがとうございました。来年もぜひとの声をいただきましたので、早速ですが船の予約だけしました。人気のツアーですので、ご興味のあるかたはお問い合わせだけでもかまいませんのでご連絡くださいませ。 2013年1月26日(土)から2月2日(土)8日間 スリランカ航空利用 イクエーター号 15ダイブ付 南北マーレ・アリ環礁 基本ツアー料金 258,000 円 (燃油税、空港税など別途、価格は変動する場合がございます) 下記で2012年の動画がご覧いただけます。