HOME >>  NEWS > 竜宮の海

竜宮の海


越智隆治による恩納村の取材
去年、越智さんが取材した”竜宮の海”の記事が公開されました。 http://oceana.ne.jp/webmagazine/201306_onna 美しい写真とドラマティックな文章が越智さんらしい内容になっています。 ... 今回の記事に1年かかったのには、訳があります。 この取材の直後の台風で、浅いエリアのサンゴはもちろん、深いエリアの素晴らしいサンゴの群落も大きな被害を受けてしまったのです。 琉球大学では、台風の前とその後に調査を行い、その被害についての研究論文を発表しました。 そして今は台風の破壊からの回復を調査しています。 深い場所に息づくサンゴは本当に貴重なものだと思います。 興味本位で遊びに行くダイバーが壊してしまわないよう、今は傷ついたサンゴの回復を見守っていくことが大切だと考えています。 新聞や記事で発表するのは、海にまだ大切な宝があることを、世の中に知ってもらい、開発などによる破壊をさせないためです。 大学での調査は今後も継続して見守って行く予定です。 リュウモンサンゴ属のサンゴである名前にかけて、研究者の中でこのポイントを竜宮と呼んでいます。荒廃したがれ場の向こうに突然現れるサンゴ群落はほんとうに竜宮城を思わせます。 沖縄の海の深いところに今もある本当の竜宮城。楽しんで読んでください。 そしてサンゴのこと海のこと考えてみてください。 今年もサンゴの白化がおこると言われています。海のために皆さん一人一人ができることがたくさんあるはずです。