HOME >>  NEWS > 沖縄本島において発見された日本初記録種のサンゴ大群落

沖縄本島において発見された日本初記録種のサンゴ大群落


恩納村で発見したサンゴが学術誌Marine Biodiversityに掲載されました。 First record of a mesophotic Pachyseris foliosa reef from Japan http://link.springer.com/article/10.1007/s12526-012-0137-0 … #springerlink 詳細 沖縄本島恩納村において、地元のダイバーによって大規模サンゴ群落が発見された。琉球大学のJames Davis Reimer特命准教授や地元ダイバーからなる研究チームによって、当群落の規模および構成する種 類に関する調査が行われた。その結果、30m以深にて大規模な群落を構成していたリュウモンサンゴ属 の1種(学名:Pachyseris foliosa)は本邦未記録種である事が明らかとなった。著者らは、本種にオンナ リュウモンサンゴという和名を提唱し、便宜的に使用している。本研究によって沖縄島での分布が確 認された事で、本種の生息域北限を更新したことになる。